[検索文字]:THE SUPREMES [検索結果]:17件 [並び順を変更] おすすめ順 ・価格順 ・新着順
    | 1-17 / 17 |    
1964年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート3位。バックビートを強調したダンス・ビートと、深みのある低音部分がR&B・サウンドの土台を形成し、それに乗ったキャッチーな楽曲とダイアナ・ロスのキュートな歌声が絶妙にマッチしたモータウン・ガールズ・ポップ・ナンバー!ジュニア・ウォーカー他、カヴァーも数多い定番作品です。レーベルにかるいリングウェア。盤質は良好です。
1,600円(税込)


全米ポップ90位/R&B29位。ザ・フォー・シーズンズ風のキャッチーな作風と、キュートなダイアナ・ロスのリードがマッチした60'sガール・ポップ・ナンバー!裏面はソウリッシュなR&Bでこちらも見逃せない2サイダーです。CS付。レーベルにかるい擦れ。盤質は概ね良好です。
2,200円(税込)


1964年。全米ポップチャート/R&Bチャート1位。邦題「愛はどこへ行ったの?」。元々はザ・マーヴェレッツが録音予定だった作品でしたが、マーヴェレッツには合わないという理由から却下されており、同時にザ・スプリームスはマーヴェレッツの「プリーズ・ミスター・ポストマン」的な作品が欲しいという希望から、本作がスプリームスに提供されたという逸話があります。レーベルにシール。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1964年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート3位。バックビートを強調したダンス・ビートと、深みのある低音部分がR&B・サウンドの土台を形成し、それに乗ったキャッチーな楽曲とダイアナ・ロスのキュートな歌声が絶妙にマッチしたモータウン・ガールズ・ポップ・ナンバー!ジュニア・ウォーカー他、カヴァーも数多い定番作品です。レーベルにかるい擦れとシールあり。盤質はほぼ良好です。
1,800円(税込)


1963年にUS MOTOWNレーベルからリリースした初期シングルで、スモーキー・ロビンソン・プロデュースによる作品です。作曲もスモーキー・ロビンソンが担当しており、ガール・ポップ路線を狙った明るくキャッチーな楽曲を、ダイアナ・ロスのリードとコーラスが華やかに歌うポップR&B・ナンバーです。ノーヒットの初期作品で、ザ・スプリームスのファースト・アルバム『Meet the Supremes』に収録されています。レア!レーベルに擦れあり。盤面に浅い擦れ傷あり若干のチリノイズが出ます。
2,400円(税込)


1964年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート1位。邦題「愛はどこへ行ったの?」。元々はザ・マーヴェレッツが録音予定だった作品でしたが却下されており、同時にザ・スプリームスはマーヴェレッツの「プリーズ・ミスター・ポストマン」的な作品が欲しいという希望から、本作がスプリームスに提供されたという逸話があります。盤質は概ね良好です。
1,200円(税込)


1964年。全米ポップ/R&Bの両チャートで4週連続1位。前ヒット作「Where Did Our Love Go?」のフォローアップで、キャッチーな楽曲をダイアナがリードでキュートに歌う60'sガールズ・ポップ・クラシックス!実は裏面にも注目したい2サイダー盤で、こちらの軽快なR&Bナンバーは、レン・バリーのヒット曲「1-2-3」の元ネタとなった作品と言われています。盤質は概ね良好です。
1,600円(税込)


1963年にUS MOTOWNレーベルからリリースした初期シングルで、スモーキー・ロビンソン・プロデュースによる作品です。作曲もスモーキー・ロビンソンが担当しており、ガール・ポップ路線を狙った明るくキャッチーな楽曲を、ダイアナ・ロスのリードとコーラスが華やかに歌うポップR&B・ナンバーです。ノーヒットの初期作品で、ザ・スプリームスのファースト・アルバム『Meet the Supremes』に収録されています。レア!盤質は綺麗です。
3,800円(税込)


1966年。全米ポップ/R&Bの両チャートで2週連続1位を記録。邦題「恋はあせらず」。ナンシー・シナトラ並みにポップでキャッチーな作風ながら、ジェームス・ジェマーソンによる泥臭いベースラインの音色が、R&Bとしてのグルーヴを生み出した60'sポップ・ソウル・ナンバー!裏面はジ・エルジンズがカヴァーした注目作品です。レーベルにドリルホールあり。盤質は綺麗です。
2,400円(税込)


1964年。全米ポップ/R&Bの両チャートで4週連続1位。前ヒット作「Where Did Our Love Go?」のフォローアップで、キャッチーな楽曲をダイアナがリードでキュートに歌う60'sガールズ・ポップ・クラシックス!裏面は1964年に、全米ポップ/R&Bの両チャートで最高1位を獲得したグループの代表作品のカップリングです。CS付き。盤質はニアミント美品です。
1,000円(税込)


1962年。ベリー・ゴーディーJr.・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高90位/R&Bチャートで最高29位を記録。ボブ・クリュー・ワークス〜ザ・フォー・シーズンズに影響をイミテートしたキャッチーな作風と、ダイアナ・ロスのリードがキュートに響く60'sガールズ・ポップ・ナンバー!裏面はソウリッシュなR&Bでこちらも見逃せない2サイダーです。CS付き。レーベルにリングウェア。盤質は綺麗です。
2,800円(税込)


1969年。全米ポップチャート1位/R&Bチャート4週連続1位。「いつかまた一緒になりましょう」というフェアウェル・ソングで、ダイアナ・ロス在籍時最後の大ヒットとなる、ダイアナにとっても節目となった思い深き作品です。クロスオーバーを極めたポップ・ソウル・ナンバーとして有名ですが、実はこの曲のプロデューサー=ジョニー・ブリストルが、1961年にジョニー&ジャッキー名義でTRI-PHIレーベルに吹き込んでいたR&Bのカバーという逸話もあります。盤質はニアミント美品です。
1,600円(税込)


1964年。全米ポップ/R&Bの両チャートで4週連続1位。前ヒット作「Where Did Our Love Go?」のフォローアップで、キャッチーな楽曲をダイアナがリードでキュートに歌う60'sガールズ・ポップ・クラシックス!実は裏面にも注目したい2サイダー盤で、こちらの軽快なR&Bナンバーは、レン・バリーのヒット曲「1-2-3」の元ネタとなった作品と言われています。盤質はほぼ良好です。
1,800円(税込)


1964年。全米ポップ/R&Bの両チャートで4週連続1位。前ヒット作「Where Did Our Love Go?」のフォローアップで、キャッチーな楽曲をダイアナがリードでキュートに歌う60'sガールズ・ポップ・クラシックス!実は裏面にも注目したい2サイダー盤で、こちらの軽快なR&Bナンバーは、レン・バリーのヒット曲「1-2-3」の元ネタとなった作品と言われています。盤質は綺麗です。
2,200円(税込)


1963年。全米ポップチャート23位/R&Bチャート2位。“ボ・ディドリー”のリズムを盛り込んだ力強いR&Bサウンドをバックに、ダイアナ・ロスの美声ボーカルがマッチした60'sモータウン・ガールズ・ポップ・ナンバー!同時期にはマーサ&ザ・ヴァンデラスの「ヒート・ウェーヴ」等をヒットさせ、過渡期中期のモータウン・サウンドとしても重視したい作品です。裏面曲もメロウなポップR&Bとなる2サイダーです。CS付き。盤質は概ね良好です。
2,400円(税込)


1966年。全米ポップ/R&Bの両チャートで2週連続1位を記録。邦題「恋はあせらず」。ナンシー・シナトラ並みにポップでキャッチーな作風ながら、ジェームス・ジェマーソンによる泥臭いベースラインの音色が、R&Bとしてのグルーヴを生み出した60'sポップ・ソウル・ナンバー!裏面はジ・エルジンズもカヴァーした注目作品です。盤質は概ね良好です。
2,200円(税込)


1966年。全米ポップ/R&Bの両チャートで2週連続1位を記録。邦題「恋はあせらず」。ナンシー・シナトラ並みにポップでキャッチーな作風ながら、ジェームス・ジェマーソンによる泥臭いベースラインの音色が、R&Bとしてのグルーヴを生み出した60'sポップ・ソウル・ナンバー!裏面はジ・エルジンズもカヴァーした注目作品です。レーベルにリングウェアあり。音質は概ね良好です。
1,600円(税込)


    | 1-17 / 17 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー