ホーム45s-GIRLS/FEMALEF [並び順を変更] ・おすすめ順 価格順 ・新着順
    | 1-5 / 5 |    
1954年。全米ポップチャート1位。R&Bグループ=ザ・ジュエルズ(The Jewles)のカヴァーで、原作同様の泥臭いラテン・リズムに、男性ドゥーワップ・コーラスを混ぜた50'sフィメール・ポップ・ナンバー!裏面は1955年に全米チャートで最高3位を記録したベストソングのカップリングです。音圧が高いのでDJプレイにはオススメです。盤質は良好です。
1,000円(税込)


1969年。全米ポップチャート34位。後にザ・ルーベッツの「Sugar Baby Love」等を作曲して有名になるトニー・ワディントンと、プロデューサーのウェイン・ビッカートンが共作をした作品で、録音もおそらくイギリスと思われる作品です。哀愁のあるマイナーキーを、ファットでダンサブルなグルーヴに乗せた60's フィメール・ソウル・クラシックス!ガールズ・ポップとしても重要である名作です。レーベルに擦れと書き込みあり。音質は概ね良好で迫力満点に鳴ります。
1,000円(税込)


1963年。ブライト・チューンズ・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高67位を記録した出世作品です。キャッチーな楽曲をストリングスを配したオーケストラの演奏に乗せて、ザ・シュレルズのスタイルを継承したコーラスで繊細にハモる60'sガールズ・ポップ・クラシックス!同時期のザ・ドリフターズ等のサウンドと比較して聴くと、また味わい深さが増す、ブリルビルディング・ポップスの名作です。レーベルにかるい擦れ。盤質は良好です。
1,600円(税込)


1967年。バリー・ホワイト&ボブ・キーン・プロデュースにより、全米ポップチャートで最高42位を記録。MOTOWNレーベルのザ・スプリームスを完璧にイミテートした作品で、ザ・スプリームスの「愛はどこへ行ったの?」風のメロディーを、ダイアナ・ロスに酷似したヴォーカルで美しく歌い上げる60'sポップ・ソウル・ナンバー!全体のアレンジも素晴らしく、バリー・ホワイトの才覚が発揮された作品と言える名作です。レーベルにシールとかるい擦れ。盤質は良好です。
1,800円(税込)


1965年。アブナー・スペクター・プロデュースによるマイナー・プロジェクト作品です。ヴァン・マッコイが書き下ろしたメロディアスなバラードを、フィル・スペクター〜ソニー・シェールあたりのロサンジェルス・ポップスを彷彿とさせる上質なサウンドに乗せた“ウォール・オブ・サウンド”ポップス!UK ACEレーベル編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Phil's Spectre II』に収録されています。プロモ盤。盤質は概ね良好です。
2,400円(税込)


    | 1-5 / 5 |    
お問い合わせお買い物ガイド会員ログインメルマガ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー